日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不払い激増」隠蔽 NHK籾井会長が企む姑息な延命工作

 辞任カウントダウンとみられていたNHKの籾井勝人会長(71)が、姑息な手段を使って延命を図ろうとしている。

 かつて海老沢勝二元会長は番組制作費着服事件を機に、受信料の不払いが激増。これが決定的になって辞任に追い込まれた。今度も同じ方法を使って籾井会長をクビにしようと、複数の市民団体が不払い運動を展開しているが、NHKはとんでもない“禁じ手”を出してきた。なんと「受信料の不払い件数を把握するのをヤメました」(広報局)というのである。NHKはこれまで不払い件数を公開してきた。今月中に1─3月期の受信料の支払い状況を集計し、不払いの実態も明らかにするとみられていたが、これらをやめるというのだ。

 市民団体「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」の共同代表で東大名誉教授の醍醐聰氏がこう言う。
「私は受信料の支払い状況を聞こうと、NHKに何度も連絡しておりますが、『視聴者部』の担当者は“確認して折り返します”と繰り返すばかり。明らかにしようとしません。件数を発表すると、ますます不払いに拍車がかかることをNHKは恐れているのかもしれません。国民には貴重な情報なのに、組織にとって不都合な情報を隠蔽するとは、公共放送としても報道機関としてもあってはならないことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事