今だから語れる 具志堅用高の華麗なる「飲み仲間」遍歴

公開日: 更新日:

 世界王座防衛13度の日本人ボクサーの最多記録を持つ元WBA世界ライトフライ級王者。自身がマネジメントする「白井・具志堅スポーツジム」会長、そしてタレントとして活躍中の具志堅用高(59)さんの酒遍歴を聞いてみた――。

■球界のスターから毎晩誘いの電話

 ボクはプロボクシングの現役時代、お酒は一切飲まなかった。ホント、一滴もだよ。

 18歳で沖縄から上京して協栄ジムのお世話になったんだけど、「絶対、世界チャンプになる!」って大きな大きな目標があったし、第一、未成年だったからね。

 これが、大学に進学してたら違ってたかもしれない。でも、ボクにはプロになっていっぱい稼いで親孝行するって夢があったから、酒を飲みたいなんて思ったことがなかった。

 血を吐くようなトレーニングを毎日重ねたので、74年5月にプロデビューして76年10月にWBA世界ライトフライ級のチャンプになったワケだけど、引退するまでは、祝勝会でもジュースかウーロン茶。後援会の方々やスポンサーさん、ジムのスタッフにビールやお酒をついで回っても、誰もボクに「まあ、一杯」なんて言わなかった。試合後は飲酒によるダメージがあるのはみんな知ってるから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る