今だから語れる 具志堅用高の華麗なる「飲み仲間」遍歴

公開日:  更新日:

 世界王座防衛13度の日本人ボクサーの最多記録を持つ元WBA世界ライトフライ級王者。自身がマネジメントする「白井・具志堅スポーツジム」会長、そしてタレントとして活躍中の具志堅用高(59)さんの酒遍歴を聞いてみた――。

■球界のスターから毎晩誘いの電話

 ボクはプロボクシングの現役時代、お酒は一切飲まなかった。ホント、一滴もだよ。

 18歳で沖縄から上京して協栄ジムのお世話になったんだけど、「絶対、世界チャンプになる!」って大きな大きな目標があったし、第一、未成年だったからね。

 これが、大学に進学してたら違ってたかもしれない。でも、ボクにはプロになっていっぱい稼いで親孝行するって夢があったから、酒を飲みたいなんて思ったことがなかった。

 血を吐くようなトレーニングを毎日重ねたので、74年5月にプロデビューして76年10月にWBA世界ライトフライ級のチャンプになったワケだけど、引退するまでは、祝勝会でもジュースかウーロン茶。後援会の方々やスポンサーさん、ジムのスタッフにビールやお酒をついで回っても、誰もボクに「まあ、一杯」なんて言わなかった。試合後は飲酒によるダメージがあるのはみんな知ってるから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る