日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エステ通いも…中山美穂が困惑した辻仁成の「美への執着」

 芥川賞作家の辻仁成(54)との離婚が伝えられている中山美穂(44)。交際わずか8カ月のスピード婚に、親類縁者のいない仏パリへの移住。当初から夫婦生活を不安視する声があったが、27日のスポーツニッポンによると、辻の“変貌ぶり”に中山は相当困惑していた、と知人が話しているという。

 1980年代、ロックバンド「ECHOES」で活動していたころの辻は、いわゆるチリチリパーマの短髪に無精ひげ。ワイルドなルックスで鳴らしていた。それが、2008年にハードロックバンド「ZAMZA」の結成を機に変貌。「時代は絶対、中性ですよ。めちゃかっこいい中性的なおじいさんを目指します」と言い出し、化粧をしたり、肩までかかるサラサラのロングヘアがトレードマークになった。

■新婚時代とは全く異なるイメージに

 実際、辻の「美へのこだわり」は相当なものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事