CASIOPEA野呂一生さんが語る「今はバンド第3期」

公開日:  更新日:

 ジャズ、ロック、ラテン、電子音楽などを融合させた、ボーカルを持たない音楽、フュージョン。日本にそのブームを巻き起こしたバンドがCASIOPEAだ。その音楽性とテクニックは幅広い支持を集め、海外でも活躍した。しかし、06年に活動を停止。リーダーだった野呂一生さん、今どうしているのか。

 アマチュアコンテストで2年連続ベストギタリストに輝いた野呂さんをリーダーとするCASIOPEAは79年にプロデビュー。84年夏にはヨーロッパ、東南アジア7カ国12公演を行うなど海外でも高い評価を得、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルでも演奏した。

「モントルーでの出番は驚くなかれ、マイルス・デイビスの直後だったんです。“ジャズの王様”のライブを聞いて高揚してる聴衆を前にした演奏は、正直、かなりの緊張でしたね。でも、いつもとは別物的な盛り上がりがあり、とっても幸せな気持ちで演奏したのを覚えてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る