日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CASIOPEA野呂一生さんが語る「今はバンド第3期」

 ジャズ、ロック、ラテン、電子音楽などを融合させた、ボーカルを持たない音楽、フュージョン。日本にそのブームを巻き起こしたバンドがCASIOPEAだ。その音楽性とテクニックは幅広い支持を集め、海外でも活躍した。しかし、06年に活動を停止。リーダーだった野呂一生さん、今どうしているのか。

 アマチュアコンテストで2年連続ベストギタリストに輝いた野呂さんをリーダーとするCASIOPEAは79年にプロデビュー。84年夏にはヨーロッパ、東南アジア7カ国12公演を行うなど海外でも高い評価を得、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルでも演奏した。

「モントルーでの出番は驚くなかれ、マイルス・デイビスの直後だったんです。“ジャズの王様”のライブを聞いて高揚してる聴衆を前にした演奏は、正直、かなりの緊張でしたね。でも、いつもとは別物的な盛り上がりがあり、とっても幸せな気持ちで演奏したのを覚えてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事