CASIOPEA野呂一生さんが語る「今はバンド第3期」

公開日: 更新日:

 ジャズ、ロック、ラテン、電子音楽などを融合させた、ボーカルを持たない音楽、フュージョン。日本にそのブームを巻き起こしたバンドがCASIOPEAだ。その音楽性とテクニックは幅広い支持を集め、海外でも活躍した。しかし、06年に活動を停止。リーダーだった野呂一生さん、今どうしているのか。

 アマチュアコンテストで2年連続ベストギタリストに輝いた野呂さんをリーダーとするCASIOPEAは79年にプロデビュー。84年夏にはヨーロッパ、東南アジア7カ国12公演を行うなど海外でも高い評価を得、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルでも演奏した。

「モントルーでの出番は驚くなかれ、マイルス・デイビスの直後だったんです。“ジャズの王様”のライブを聞いて高揚してる聴衆を前にした演奏は、正直、かなりの緊張でしたね。でも、いつもとは別物的な盛り上がりがあり、とっても幸せな気持ちで演奏したのを覚えてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る