洋服姿の“ギター侍”波田陽区さん「着物は今年2、3回だけ」

公開日:  更新日:

 着流し姿でギターをかきならしながら、「~ですから!」と皮肉たっぷりの漫談を披露していた波田陽区さん。「……って言うじゃない……○○斬り!……残念 !! 」の決めゼリフは、04年の流行語大賞トップテンにも選ばれた。しかし、残念ながら、最近はあの「残念 !! 」をまったく耳にしない。波田さん、今どうしているのか。

波田さんと会ったのは、東京メトロ表参道駅から歩いて1分の所属事務所。和服ではなく、洋服を着ている。

「着物は『残念 !! 』の漫談の時は着ますよ。といっても、今年はまだ2、3回しか着てないかなあ」

 アリャ、たったの2、3回 !?  もっとも、漫談以外のラジオやテレビの仕事は、その数に入っていないようだ。

「8年前から週1回、FM-FUJIって山梨のラジオでボクひとりで4時間仕切る番組がスタートしましてね。でも、時は流れて3時間になり、2時間になり……。今や番組名も『Slash&Burn』と変わり、ボクが担当するのは『波田陽区の芸能侍が行く!』ってコーナーのみ。それも20分になりました。しかし、世間の目はそんなもんでしょう。代々木のサテライトスタジオで公開生放送をしているのに、立ち止まって見る人はだ~れもいませんしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る