映画祭で脚光浴びた 絶滅寸前「時代劇」と日本一の斬られ役

公開日:  更新日:

 日本一の斬られ役、福本清三(71)がカナダで脚光を浴びた。モントリオールで開催された第18回ファンタジア国際映画祭で、主演映画「太秦ライムライト」が最優秀作品賞、本人も日本人として初めて最優秀主演男優賞を獲得。最年長受賞記録も更新するオマケ付きだ。

 時代劇の大部屋俳優と駆け出し女優の心の交流を描いた作品。福本にとっては初主演作での快挙だが、「もともとアジアの作品にフォーカスしてスタートした映画祭。最近は欧州や北米の作品も上映していますが、“日本LOVE”は変わっていません。実際に日本の作品は、これまで多くの賞をもらっている。ただ、大手がつくった“テレビ局映画”を選ばないのがいい。福本は、縁の下で主役を支えてきた苦労人。マニアでなければ名前も知らないような俳優です。そこを評価したのだから、すべての映画人が拍手を送っているのではないか」(映画批評家・前田有一氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る