三国連太郎と佐藤浩市 確執の父子が「美味しんぼ」で共演

公開日:  更新日:

<1996年4月>

 日本を代表する個性派俳優として数多くの映画やドラマに出演した名優の三国連太郎。演技派として評価が高い長男の佐藤浩市とは長らく確執が伝えられ、仕事で顔を合わせることはほとんどなかった。だが、三国73歳、佐藤35歳の時に本格的な共演が実現する。それも同じく父子の対決を描いた1996年の映画「美味しんぼ」だった。

 佐藤の母親は三国の3度目の結婚相手。この時すでに俳優としての評価を確立していた三国は神楽坂の芸者と同棲生活を始め、ほどなく佐藤が生まれた。しかし、名うてのプレーボーイとして知られ、当時の結婚生活を「下宿生活に女が付いてきた」と振り返る三国の結婚生活はほどなく破綻する。子どものことを考えてすぐの離婚は思いとどまったが、佐藤が12歳の時、財産のほとんどを渡して正式離婚。

 三国は父子で箱根・十国峠に出かけ、「ここでおまえと別れる。今日から他人になる。一切関係を断つ。これから1人で一生懸命生きてくれ」と話したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る