三国連太郎と佐藤浩市 確執の父子が「美味しんぼ」で共演

公開日:  更新日:

<1996年4月>

 日本を代表する個性派俳優として数多くの映画やドラマに出演した名優の三国連太郎。演技派として評価が高い長男の佐藤浩市とは長らく確執が伝えられ、仕事で顔を合わせることはほとんどなかった。だが、三国73歳、佐藤35歳の時に本格的な共演が実現する。それも同じく父子の対決を描いた1996年の映画「美味しんぼ」だった。

 佐藤の母親は三国の3度目の結婚相手。この時すでに俳優としての評価を確立していた三国は神楽坂の芸者と同棲生活を始め、ほどなく佐藤が生まれた。しかし、名うてのプレーボーイとして知られ、当時の結婚生活を「下宿生活に女が付いてきた」と振り返る三国の結婚生活はほどなく破綻する。子どものことを考えてすぐの離婚は思いとどまったが、佐藤が12歳の時、財産のほとんどを渡して正式離婚。

 三国は父子で箱根・十国峠に出かけ、「ここでおまえと別れる。今日から他人になる。一切関係を断つ。これから1人で一生懸命生きてくれ」と話したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る