映画がヒット 佐々木蔵之介が「持ってる男」といわれる理由

公開日:  更新日:

 現在公開中の時代劇映画「超高速!参勤交代」が興行収入10億円を超える勢い、スマッシュヒットを飛ばしている。主演の佐々木蔵之介(46)は「持っている男」ともっぱらだ。

「公開のタイミングもよかったですね。さすがにそろそろ、ディズニー映画『アナと雪の女王』の勢いも衰えている。上半期の映画はほとんど、アナ雪に食われちゃいましたからねえ」(映画会社関係者)

“ライバル”にも恵まれたようだ。現在上位の邦画は、少女マンガを実写化した「好きっていいなよ。」、Jホラーの代名詞「呪怨 終わりの始まり」、R15指定のミステリー「渇き。」で、どれも「超高速!参勤交代」とはかぶらない。

「キャストは芸達者なベテラン揃い、コメディータッチの人情劇なのにアクションもしっかりしているなど、中高年が十分楽しめる内容ではありますが、そもそも中高年がのんびり楽しめる映画がそれしかないともいえます」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る