映画がヒット 佐々木蔵之介が「持ってる男」といわれる理由

公開日:  更新日:

 現在公開中の時代劇映画「超高速!参勤交代」が興行収入10億円を超える勢い、スマッシュヒットを飛ばしている。主演の佐々木蔵之介(46)は「持っている男」ともっぱらだ。

「公開のタイミングもよかったですね。さすがにそろそろ、ディズニー映画『アナと雪の女王』の勢いも衰えている。上半期の映画はほとんど、アナ雪に食われちゃいましたからねえ」(映画会社関係者)

“ライバル”にも恵まれたようだ。現在上位の邦画は、少女マンガを実写化した「好きっていいなよ。」、Jホラーの代名詞「呪怨 終わりの始まり」、R15指定のミステリー「渇き。」で、どれも「超高速!参勤交代」とはかぶらない。

「キャストは芸達者なベテラン揃い、コメディータッチの人情劇なのにアクションもしっかりしているなど、中高年が十分楽しめる内容ではありますが、そもそも中高年がのんびり楽しめる映画がそれしかないともいえます」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る