元TBSアナ吉川美代子氏 フジ番組で“古巣に苦言”の波紋

公開日: 更新日:

「笑顔でみなさんを明るくしたい…だったらタレント事務所に入りなさい」

「私は“女子アナ”という言葉は絶対に使いません」――。笑顔でこう断言したのは、今年5月にTBSを定年退職した吉川美代子氏(60)。発言の場は「“女子アナ”の本場」ともいえるフジテレビだったから物議を醸している。

 28日放送の「新・週刊フジテレビ批評」に出演した吉川氏は、法大・稲増龍夫教授と「女子アナ」を巡って討論。間にMCで局アナの西山喜久恵(45)と渡辺和洋(38)を挟む構図で始まった。

 女性アナウンサーが“女子アナ”と呼ばれることについて「80年代半ばにフジテレビが『面白くなければテレビじゃない』(正しくは『楽しくなければテレビじゃない』)というカルチャー路線を突き進み、バブル時代も重なって“女子アナ”という言葉を写真週刊誌やスポーツ紙が使うようになり、テレビ局で働いている人たちも当然のように使うようになった」「アナウンサーが軽く見られている」と批判。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  8. 8

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る