元TBSアナ吉川美代子氏 フジ番組で“古巣に苦言”の波紋

公開日:  更新日:

「笑顔でみなさんを明るくしたい…だったらタレント事務所に入りなさい」

「私は“女子アナ”という言葉は絶対に使いません」――。笑顔でこう断言したのは、今年5月にTBSを定年退職した吉川美代子氏(60)。発言の場は「“女子アナ”の本場」ともいえるフジテレビだったから物議を醸している。

 28日放送の「新・週刊フジテレビ批評」に出演した吉川氏は、法大・稲増龍夫教授と「女子アナ」を巡って討論。間にMCで局アナの西山喜久恵(45)と渡辺和洋(38)を挟む構図で始まった。

 女性アナウンサーが“女子アナ”と呼ばれることについて「80年代半ばにフジテレビが『面白くなければテレビじゃない』(正しくは『楽しくなければテレビじゃない』)というカルチャー路線を突き進み、バブル時代も重なって“女子アナ”という言葉を写真週刊誌やスポーツ紙が使うようになり、テレビ局で働いている人たちも当然のように使うようになった」「アナウンサーが軽く見られている」と批判。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る