絶好調男・鈴木亮平が明かす「花子とアン」の裏話

公開日: 更新日:

 ますます好調なNHK朝ドラ「花子とアン」もラストまで約1カ月。朝ドラ出演で新たな人気者が誕生している。そのひとり、吉高由里子(26)が演じる村岡花子の夫・栄治役の鈴木亮平(31)がブログで「花子とアン」の裏話を披露している。「英治が花子の書斎に差し入れている飲み物はホットミルク」で、これには「村岡夫妻のエピソードが隠されている」というのだ。

「当時すごく体にいいと言われていた牛乳。英治のモデルになった儆三さんは、牛乳嫌いの花子さんのために、温めれば飲めるだろうとよくああやってホットミルクを差し入れていたそうです。花子さんは、それでも好きになれず仕方なく飲んでいたんですが、晩年に儆三さんが亡くなってからは、彼の優しさを思いながら毎晩ホットミルクを飲んでいたそうです」

 鈴木は実写映画の「HK 変態仮面」でパンティーをかぶることで変身するヒーローを演じていたことが週刊誌で何度も報じられたが、今やすっかり良き夫のイメージだ。

「村岡夫妻の夫婦愛が感じられるすてきなエピソードですよね。ドラマの村岡夫妻も、現実のお二人に負けないように優しさとパルピテーションを忘れない夫婦でありたいと思っています」と締めくくり、ますます演技にのめり込んでいる様子。

 ちなみに、鈴木は能年玲奈主演でヒット中の映画「ホットロード」にも出演中。盆と正月が一緒にやってきたような日々か。朝ドラのパワー恐るべし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”