日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶好調男・鈴木亮平が明かす「花子とアン」の裏話

 ますます好調なNHK朝ドラ「花子とアン」もラストまで約1カ月。朝ドラ出演で新たな人気者が誕生している。そのひとり、吉高由里子(26)が演じる村岡花子の夫・栄治役の鈴木亮平(31)がブログで「花子とアン」の裏話を披露している。「英治が花子の書斎に差し入れている飲み物はホットミルク」で、これには「村岡夫妻のエピソードが隠されている」というのだ。

「当時すごく体にいいと言われていた牛乳。英治のモデルになった儆三さんは、牛乳嫌いの花子さんのために、温めれば飲めるだろうとよくああやってホットミルクを差し入れていたそうです。花子さんは、それでも好きになれず仕方なく飲んでいたんですが、晩年に儆三さんが亡くなってからは、彼の優しさを思いながら毎晩ホットミルクを飲んでいたそうです」

 鈴木は実写映画の「HK 変態仮面」でパンティーをかぶることで変身するヒーローを演じていたことが週刊誌で何度も報じられたが、今やすっかり良き夫のイメージだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事