「花子とアン」で敵役 俳優・堀部圭亮は元芸人で放送作家

公開日: 更新日:

 朝ドラには敵役がよく似合う――最近はブラックバーン校長も宇田川先生もなんだか優しくなってきてイマイチ盛り上がりに欠けた感のある「花子とアン」に、久々に面白そうな存在が現れた。花子が出演することになったラジオ局のアナウンサー・有馬次郎役の堀部圭亮(48)だ。

 売れっ子アナであることを鼻にかけ、あがり症の花子を指導するさまは、いかにも憎々しげだが、あれ、この人、どっかでも見たことがある。「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)でもセクハラ部長としていい味出していた。

 もともとはお笑い出身。火野玉男の芸名でお笑い「パワーズ」や、今や超売れっ子・勝俣州和と「K2」を組んで「笑っていいとも!」などにも出演していた。

 役者「堀部圭亮」として活動しだしたのは01年ごろから。これまで数々のドラマで犯人役やズル賢い役をこなしてきた。もう一つの顔として放送作家の顔を持つ。

 しばらくはスパルタ式で花子をいじめる役を楽しめそうだ。

 もっとも、1週間もすれば「いい人」になってしまうのだろうけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る