「花子とアン」で敵役 俳優・堀部圭亮は元芸人で放送作家

公開日:  更新日:

 朝ドラには敵役がよく似合う――最近はブラックバーン校長も宇田川先生もなんだか優しくなってきてイマイチ盛り上がりに欠けた感のある「花子とアン」に、久々に面白そうな存在が現れた。花子が出演することになったラジオ局のアナウンサー・有馬次郎役の堀部圭亮(48)だ。

 売れっ子アナであることを鼻にかけ、あがり症の花子を指導するさまは、いかにも憎々しげだが、あれ、この人、どっかでも見たことがある。「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)でもセクハラ部長としていい味出していた。

 もともとはお笑い出身。火野玉男の芸名でお笑い「パワーズ」や、今や超売れっ子・勝俣州和と「K2」を組んで「笑っていいとも!」などにも出演していた。

 役者「堀部圭亮」として活動しだしたのは01年ごろから。これまで数々のドラマで犯人役やズル賢い役をこなしてきた。もう一つの顔として放送作家の顔を持つ。

 しばらくはスパルタ式で花子をいじめる役を楽しめそうだ。

 もっとも、1週間もすれば「いい人」になってしまうのだろうけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る