• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花子とアン」で敵役 俳優・堀部圭亮は元芸人で放送作家

 朝ドラには敵役がよく似合う――最近はブラックバーン校長も宇田川先生もなんだか優しくなってきてイマイチ盛り上がりに欠けた感のある「花子とアン」に、久々に面白そうな存在が現れた。花子が出演することになったラジオ局のアナウンサー・有馬次郎役の堀部圭亮(48)だ。

 売れっ子アナであることを鼻にかけ、あがり症の花子を指導するさまは、いかにも憎々しげだが、あれ、この人、どっかでも見たことがある。「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)でもセクハラ部長としていい味出していた。

 もともとはお笑い出身。火野玉男の芸名でお笑い「パワーズ」や、今や超売れっ子・勝俣州和と「K2」を組んで「笑っていいとも!」などにも出演していた。

 役者「堀部圭亮」として活動しだしたのは01年ごろから。これまで数々のドラマで犯人役やズル賢い役をこなしてきた。もう一つの顔として放送作家の顔を持つ。

 しばらくはスパルタ式で花子をいじめる役を楽しめそうだ。

 もっとも、1週間もすれば「いい人」になってしまうのだろうけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る