「アラジン」元リーダー高原兄さんは地元富山で“三足の草鞋”

公開日: 更新日:

 81年、ヤマハのポプコンと世界歌謡祭のグランプリ曲「完全無欠のロックンローラー」でデビューした“アラジン”。男5人、女4人の大所帯の中で「ノッてるか~い!?」と客席をあおりにあおり、一番目立っていたのが同曲を作詞・作曲した高原兄さん(55歳)だ。今どうしているのか。

 会ったのは来春開通予定の北陸新幹線に向け、急ピッチに工事が進むJR富山駅北口にあるホテルのロビー。直前までKNB(北日本放送)ラジオで仕事をしていたという高原さんから渡された名刺は二つ折りで、片や「作曲家」、片や○○株式会社なる電設会社の「代表取締役社長」とあった。

「電設会社はオヤジが半世紀近く前に創業した会社で、主に配電工事を請け負ってます。2000年にオヤジが亡くなったときも“後を継げ”って遺言はなかったし、ボクもそのつもりはなかったんだけど、古参の社員から“社長をやってくれ”と頼まれましてね。悩んだ末、受けることにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る