「アラジン」元リーダー高原兄さんは地元富山で“三足の草鞋”

公開日: 更新日:

 81年、ヤマハのポプコンと世界歌謡祭のグランプリ曲「完全無欠のロックンローラー」でデビューした“アラジン”。男5人、女4人の大所帯の中で「ノッてるか~い!?」と客席をあおりにあおり、一番目立っていたのが同曲を作詞・作曲した高原兄さん(55歳)だ。今どうしているのか。

 会ったのは来春開通予定の北陸新幹線に向け、急ピッチに工事が進むJR富山駅北口にあるホテルのロビー。直前までKNB(北日本放送)ラジオで仕事をしていたという高原さんから渡された名刺は二つ折りで、片や「作曲家」、片や○○株式会社なる電設会社の「代表取締役社長」とあった。

「電設会社はオヤジが半世紀近く前に創業した会社で、主に配電工事を請け負ってます。2000年にオヤジが亡くなったときも“後を継げ”って遺言はなかったし、ボクもそのつもりはなかったんだけど、古参の社員から“社長をやってくれ”と頼まれましてね。悩んだ末、受けることにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る