日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

音楽芸人こまつ 高校を卒業したくて「路上ライブ」デビュー

 トランペットを吹きながらシンセサイザーを弾くパフォーマンスでネタ番組に出ていた音楽芸人こまつ(30)。テレビでゲイだとカミングアウトして話題だが、昔は路上で寝るような貧乏をしてきて……。

 親が借金を抱えていて、僕が高校3年の時に家が差し押さえられたんですよ。僕、生徒会長やってたから2月の卒業式で答辞を読むはずだったけど、卒業式前日に先生に呼び出され、「授業料払ってへんからこのままじゃ卒業できへんど」と。母親に聞くと「そうやねん」と。10万円くらいの滞納で、払わないと卒業できず、僕は2カ月間、バイトと路上ライブに明け暮れて自分で金を貯めました。校長室で校長と担任と僕の3人で卒業式。ひとりで校歌を歌いました。

 その時が路上ライブを本格的に始めたきっかけ。最初は友達と一緒で、繁華街で酔っぱらいにリクエストされた曲を友達がギター弾きながら歌って僕はキーボードを弾き、一晩で5000~6000円稼げた。流しみたいなもんでしたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事