ミス成城大グラドル夏江紘美が振り返るバイト漬け大学生活

公開日:  更新日:

 ミス成城大学を経てデビュー、今売り出し中のグラビアアイドル・夏江紘美(22)は、東京の端っこから大学に通い、バイト生活でせっせと稼いで……。

■バイトしすぎて、みんなから「顔、死んでる」と

 3姉妹の末っ子だからか、お姉ちゃんがお小遣いをもらえない年齢になったら私も同時にもらえなくなったんです。成城大学に入ってからはお小遣いどころか、交通費ももらえなかった。しかも家が埼玉に近い東京だから往復4時間かけて通って、地元のラーメン屋で夜10時から朝4時の締めまでバイトしてましたよ。でも、掃除など締めの作業は時給に入れてもらえなかった!

 それでも月に10万円くらい稼ぎ、通学の交通費やケータイ代、いろんなオーディションを受けてたのでその衣装代にもしてました。で、バイトから帰って1時間くらい仮眠してスッピンですぐ学校行くみたいな。満員電車で寝られないし、学校のみんなからは「顔、死んでる」と言われて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る