• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桜井マッハ速人 “敷礼”知らず「ジュース買えねえ」貧乏時代

「PRIDE」や「DREAM」などで活躍を続けてきた格闘家の桜井マッハ速人(38)。バイト生活→試合でブレーク→道場を持ってる今と、山あり谷ありの格闘人生を豪快に語ってくれた。

 茨城から格闘家目指して上京した20歳の頃が一番大変でしたねぇ。最初に勤めた弁当屋の配達業務では寮に住めたので助かりましたけど。昼に弁当がタダで食べられたのも助かり、毎日2個食べて練習行ってました。
 そこを辞めた後は彼女ができ、居候させてもらえた。バイトをしてた頃は家賃を入れてたけど、格闘技を中心にしてたので、練習に弊害が出るようだとすぐ辞めました。弁当屋、ダスキン、吉野家、スポーツクラブ、内装、引っ越し屋…1、2年で覚えてないくらいの種類をやりましたよ。頭が練習のことしかなくて、仕事は頭にないんです。

 だから「格闘技一本でやらせてくれ!」と彼女にお願いし、理解してもらいました。今はその当時の彼女にはすごく感謝してますよ。でも試合に出てもまだ若手だから、1試合10万~20万のファイトマネーで年間5試合とか。お金はなかったですねぇ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る