散々身内をネタにして…松本人志“週刊誌批判”のお門違い

公開日:  更新日:

 ダウンタウンの松本人志(51)が日曜(7日)朝からヒートアップした。コメンテーターを務める生トーク番組「ワイドナショー」(午前10時~、フジテレビ系)で、耳たぶまで真っ赤にし「ホンマおまえらゲスのゲスやな」と怒りをあらわにしたのだ。

 先月18日に亡くなった実父に関して、兵庫・尼崎市内にある実家の母へ直撃取材した女性誌の記者に対するもの。「オヤジが死んでまだ心身ともに完全に立ち直っていないおばあちゃんを取材しに行くというね。ゲスのゲスですよ」。記事の内容うんぬんではなく、「いま素人のおばあちゃんを相手に取材に行くこと自体が信じられない!」と語った。

 たしかに一般素人のおばあちゃん相手なら取材手法の批判も理解できる部分はある。しかし、松本の“オカン”といえばこれまで何度もバラエティーに出演。視聴者にもよく知られたいわば“セミプロ”である。松本がテレビでオカンや兄の言動、あるいはオトンとの確執も散々ネタにし、笑いを取りまくってきたのは誰もが知るところ。身内を“さらし者”にして笑いを取ってきた芸人の先駆者といっても過言ではない。そんな松本の今回の発言について、芸能評論家の肥留間正明氏はこう苦言を呈する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る