散々身内をネタにして…松本人志“週刊誌批判”のお門違い

公開日: 更新日:

 ダウンタウン松本人志(51)が日曜(7日)朝からヒートアップした。コメンテーターを務める生トーク番組「ワイドナショー」(午前10時~、フジテレビ系)で、耳たぶまで真っ赤にし「ホンマおまえらゲスのゲスやな」と怒りをあらわにしたのだ。

 先月18日に亡くなった実父に関して、兵庫・尼崎市内にある実家の母へ直撃取材した女性誌の記者に対するもの。「オヤジが死んでまだ心身ともに完全に立ち直っていないおばあちゃんを取材しに行くというね。ゲスのゲスですよ」。記事の内容うんぬんではなく、「いま素人のおばあちゃんを相手に取材に行くこと自体が信じられない!」と語った。

 たしかに一般素人のおばあちゃん相手なら取材手法の批判も理解できる部分はある。しかし、松本の“オカン”といえばこれまで何度もバラエティーに出演。視聴者にもよく知られたいわば“セミプロ”である。松本がテレビでオカンや兄の言動、あるいはオトンとの確執も散々ネタにし、笑いを取りまくってきたのは誰もが知るところ。身内を“さらし者”にして笑いを取ってきた芸人の先駆者といっても過言ではない。そんな松本の今回の発言について、芸能評論家の肥留間正明氏はこう苦言を呈する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る