不問なの? 広末涼子の“不倫騒動”をCMスポンサーに直撃

公開日:  更新日:

 ドラマ「聖女」(NHK)での濃厚な濡れ場が話題になっている広末涼子(34)。きょう9日には第4話が放送されるが、このドラマが始まる半年前には佐藤健(25)との不倫スキャンダルが報じられ、世間を騒がせた。被災地支援のため、月の大半、家を空けているという夫のキャンドル・ジュン氏(40)との関係も心配されているが、不安定なプライベートとは対照的に仕事は大忙し。今月1日からはロート製薬のボディーケア商品「ケアセラ」のCMに出演中で、20日には映画「柘榴坂の仇討」が公開。11月公開予定の「想いのこし」ではバツイチのポールダンサーという個性的な役を演じている。

 スキャンダルで仕事が激減したアイドルや女優は数え切れないが、広末は不倫騒動もどこ吹く風。逆にこれまでとは違う陰のあるキャラクターを演じることで演技の幅を広げ、仕事を増やしている。

 CMに起用するスポンサー側には「芸能人の持つパブリックイメージから逸脱することは商品にとってマイナス」(広告関係者)という考えが根強いはずだが、今回、広末を起用した理由をロート製薬に聞いてみると……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る