日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広末涼子 NHKドラマ主演で不倫騒動の巻き返しなるか

 女優の広末涼子(34)が久しぶりにいい。19日から始まるドラマ10「聖女」(NHK総合、22時~)で初の悪女役に挑んでいるのだが、初回試写を見る限り、かなり期待が持てる内容なのだ。

 脚本家・大森美香書き下ろしのラブサスペンス。連続殺人の容疑がかけられる肘井基子という役どころだが、弁護士(永山絢斗)をめぐって、その恋人(蓮佛美沙子)とドロドロの愛憎劇を繰り広げていく。1日の会見で、制作統括の後藤高久氏は「基子役はぜひ広末さんでお願いしたいという希望がかなった」とキャスティングに自信たっぷり。熱烈な指名を受けた本人も、「同性から共感してもらえる女性像になっているのではないか」と手応えを見せていた。

 たしかに視聴者の心に響く演技を見せている。真の姿は悪女なのか、聖女なのか。世の男を惑わせるミステリアスな女性を演じるが、役柄は実年齢とほぼ同じ設定。薄化粧で目尻のしわも画面いっぱいのアップになるが下手に取り繕うことはない。そんな表情ひとつとっても、年甲斐もなく若作りした田舎のヤンキーママを演じ、大コケしたフジテレビの主演ドラマより、何十倍もリアルである。ベッドシーンもある。残念ながら肌の露出はキャミソール止まりだが、ムチュ、ムチュと卑猥な音を立てたキスシーンは見応え十分。私生活で恋多き女として話題を振りまいてきただけに、見る側の想像をかきたてるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事