松山千春、玉置浩二が後押し ASKA「早期復帰」の可能性

公開日:  更新日:

「社会への影響力を鑑みたら甘い判決」という厳しい声から、「立ち直ってまた歌を歌って」と復帰を望むものまで、懲役3年、執行猶予4年というASKA被告(56=本名・宮崎重明)への判決に対する世間の声はさまざまだ。

 写真週刊誌「FLASH」によると、ASKA被告は保釈後に入所した更生施設で作詞などの創作活動に取り組み、復帰への意欲を見せていたというが、その道のりはどうなのか。

 芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。
「TVやイベント出演がメーンのタレントなら、スポンサーがいい顔をせず、復帰はそう簡単ではないでしょうけど、彼は歌手ですからね。CDリリースといった早期の活動再開は可能だと思います。現在ASKAはレコード会社から契約を解除され、これまでの作品も出荷停止にされていますが、そうした処分も時期をみて解除されるべきだと個人的には思っています。元愛人の栩内香澄美被告らとの問題を別にして、芸能界だけでみれば、松山千春さんに玉置浩二さんと、彼の復帰を後押しする声もありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る