猶予付きでも復帰遠く…ASKAが直面する「空白の3年間」

公開日: 更新日:

 ASKA(56=本名・宮崎重明)が近く保釈される見通しだ。公判期日は未定だが、芸能マスコミの関心はすでに「今後」に移っている。

「身元引受人は元女子アナの奥さん(59)で、とりあえず裁判が終わるまで、東京・目黒区の豪邸に引きこもるとみられています。覚醒剤の初犯は一般的に懲役1年6月、執行猶予3年。取り調べに素直に応じて完落ちしたASKAも、執行猶予が付くでしょう」(捜査事情通)

 もっともシャバに出られたところで、先行きは厳しい。先月27日、所属事務所「ロックダムアーティスツ」は、契約解消を発表。オフィシャルファンクラブも8月末で運営休止。要するに“無職”になるわけだ。

「ASKAの長男は六本木で経営していた会員制のバーを畳んでしまったし、シンガー・ソングライターだった長女も休業状態です。家族全員無職というわけですが、まあ、逮捕直後からチャゲアスの“カラオケ特需”なんかがあったりして、数千万円単位の印税が入るはず。執行猶予期間中はスケジュール帳も真っ白けでしょうが、食うに困ることはない。ただ、酒井法子も復帰までに3年ほどかかっている。その間じっと我慢できるかどうかです」(関係者)

 再び脚光を浴びることはできるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る