ASKA事件 覚醒剤陽性“第2の女”書類送検のカラクリ

公開日: 更新日:

 ASKA被告有罪の裏で、“第2の女”の処分が着々と決まっていた。 女は都内でASKA被告(56=本名・宮崎重明)と一緒に覚醒剤を使用した疑いがもたれ、毛髪から覚醒剤の陽性反応も出ている。

 任意の調べに対し、「ASKA被告から勧められて一緒にやった」と容疑を認めていて、来週中にも書類送検される見通しだという。

「女は東京都内に住む40代の女性で、ASKA被告とは20年来の仲だといいます。当初は一緒に逮捕された栩内香澄美被告と同じ<パソナ関係の人物か>というウワサがたっていましたが、実際はパソナや栩内とは関係ないようです。今回の女は、バツイチの一般女性とか、ASKAの音楽仲間ともいわれています」(捜査事情通)

 女に関する情報は伏せられている。不思議なのは、なぜ覚醒剤使用を認めていない栩内被告が起訴されているのに、罪を認めている女が名前も出されず、書類送検なのかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  5. 5

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  6. 6

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

もっと見る