日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ASKA事件 覚醒剤陽性“第2の女”書類送検のカラクリ

 ASKA被告有罪の裏で、“第2の女”の処分が着々と決まっていた。 女は都内でASKA被告(56=本名・宮崎重明)と一緒に覚醒剤を使用した疑いがもたれ、毛髪から覚醒剤の陽性反応も出ている。

 任意の調べに対し、「ASKA被告から勧められて一緒にやった」と容疑を認めていて、来週中にも書類送検される見通しだという。

「女は東京都内に住む40代の女性で、ASKA被告とは20年来の仲だといいます。当初は一緒に逮捕された栩内香澄美被告と同じ<パソナ関係の人物か>というウワサがたっていましたが、実際はパソナや栩内とは関係ないようです。今回の女は、バツイチの一般女性とか、ASKAの音楽仲間ともいわれています」(捜査事情通)

 女に関する情報は伏せられている。不思議なのは、なぜ覚醒剤使用を認めていない栩内被告が起訴されているのに、罪を認めている女が名前も出されず、書類送検なのかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事