千原ジュニアが患っていた「鼻涙管閉塞症」ってどんな病気?

公開日:  更新日:

 15日に読売テレビで放送されたトーク番組「にけつッ!!」に、千原ジュニア(40=写真)が左目に眼帯をつけて登場。収録前日に目の手術を受けた様子を明かした。

 ジュニアは01年にバイク事故を起こして眼底骨折などの重傷を負い、その後遺症によって涙腺が詰まり、本来は鼻に流れる涙が逆流して目からあふれてしまう症状に悩まされていた。かねて「テレビの本番とか舞台なんかで体温が上がると涙が出てくるので、すごい面倒くさい」と、8月末に手術を受けることも明かしていた。

■慢性的な炎症と癒着する

 ジュニアが悩んでいたのは「鼻涙管閉塞症」という病気で、交通事故の後遺症に限った話ではない。都内の眼科医が説明する。

「人間の目の中では常に新しい涙が分泌され、“余分な”涙は目と鼻を結んでいる鼻涙管を通って鼻腔へと流れていきます。その鼻涙管が詰まってしまうと、涙がうまく鼻に流れなくなり、目からあふれてしまうのです。常に目が潤んだ感じでぼやけて見えたり、目やにがたまりやすくなったり、うっとうしく感じる患者さんが多い。涙嚢が細菌感染すると、目頭から膿が出るケースもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る