島田紳助の親友の命を奪った「抗リン脂質抗体症候群」とは?

公開日:  更新日:

 関西を拠点に活動していたタレント土建屋よしゆきさんが肝不全のため亡くなった。享年58。

 土建屋さんは元タレントの島田紳助(58)と学生時代からの親友で、家業の土木建築業の傍ら、紳助の番組などに出演して人気を博した。6年前から「抗リン脂質抗体症候群」を患い、闘病生活を送っていたという。

 入退院を繰り返していたが、先月27日には自宅に戻っていた。その翌日に容体が急変し、31日に息を引き取った。関係者によると、3日に行われた通夜には紳助が極秘で訪れたという。

 抗リン脂質抗体症候群は、難病指定されている病気。「自己免疫疾患のひとつで、患者数は多くない。比較的若い人によく見られます」と言うのは、杏雲堂病院肝臓内科の小尾俊太郎部長だ。

「自己免疫疾患とは、自分の体を守る免疫に対して攻撃を行う疾患です。抗リン脂質抗体症候群の場合、通常は固まらない血液が血管内で固まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などを起こしてしまいます。一般的に考えて肝臓の門脈、あるいは肝臓の静脈が血栓で詰まって門脈圧が高進し、肝臓に入った血液が外に出にくくなって、(死因となった)肝不全を起こしたのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る