日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7年ぶり新譜リリースの竹内まりや 絶好調の秘訣は十五穀米

 メロディーにしても歌詞にしても、いつも創作の上で念頭にあるのは「普遍性」「大衆性」「時代性」なのだという。

 7年ぶりオリジナルアルバム「TRAD」で、新記録を樹立した竹内まりや。59歳6カ月でのオリコン週間アルバムランキング初登場1位は女性アーティストの最年長、2010年代の今回を含め、80年代から4つの年代で連続1位は史上初。この秋の33年ぶりツアーといい、意気軒高ぶりに、還暦前後の同世代から称賛と羨望の声が上がっている。

 1955年、島根県出身。実家は出雲大社正門前にある老舗旅館。4女2男の6人兄弟の三女。慶大文学部(英文科)在学中に所属した音楽サークルで注目を集め、78年にデビュー。翌年に「セプテンバー」が大ヒットしたのは、同世代には周知のところだろう。

「最初の転機は、アイドル歌手として売れっ子の81年の一時休業宣言でしょう。アイドルとして出たバラエティー『TVジョッキー』の乱痴気騒ぎに疑問をもったのがきっかけで、82年に山下達郎と結婚し84年に長女が生まれてからは『子育てや家庭を優先』し、ライブも行わなくなった。この地に足をつけるというか、いわゆる芸能界とちょっと距離を置いたポジションが、シンガー・ソングライターとしてのキャリアの始まりです」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事