日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石塚英彦がダイエット 目的は「体重120キロ」キープ?

 デブタレのエース、石ちゃんこと石塚英彦が28日に行われたイベントで「笑いより命が大切」とジム通いを続け、ダイエットに成功したと告白した。芸能マスコミは「デブタレらしからぬ」と厳しい論調でこれを報じた。

 ジム通いはデブタレ仲間にも秘密にしていたらしいが、トレーニングは1回数時間週3回に及び、今ではベンチプレスで80キロを挙げるほど。その成果か、最大135キロあった体重も今は117キロに、45%だった体脂肪率も32%に落とした。

 しかし、石塚にはそこまでしてダイエットをする要素が見当たらない。メタボ最大の心配材料の血圧やコレステロール値も、医師が「奇跡」というほど正常。“デブの持病”であるひざ痛も、主演したドラマ「刑事110キロ」での軽快な動きからはみじんも感じない。

 健康不安があるなら、グルメリポートの仕事を抑えるはずなのに、石塚にその気配は全くない。むしろ、最近ますます食べっぷりがいいと感じるくらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事