石塚英彦がダイエット 目的は「体重120キロ」キープ?

公開日: 更新日:

 デブタレのエース、石ちゃんこと石塚英彦が28日に行われたイベントで「笑いより命が大切」とジム通いを続け、ダイエットに成功したと告白した。芸能マスコミは「デブタレらしからぬ」と厳しい論調でこれを報じた。

 ジム通いはデブタレ仲間にも秘密にしていたらしいが、トレーニングは1回数時間週3回に及び、今ではベンチプレスで80キロを挙げるほど。その成果か、最大135キロあった体重も今は117キロに、45%だった体脂肪率も32%に落とした。

 しかし、石塚にはそこまでしてダイエットをする要素が見当たらない。メタボ最大の心配材料の血圧やコレステロール値も、医師が「奇跡」というほど正常。“デブの持病”であるひざ痛も、主演したドラマ「刑事110キロ」での軽快な動きからはみじんも感じない。

 健康不安があるなら、グルメリポートの仕事を抑えるはずなのに、石塚にその気配は全くない。むしろ、最近ますます食べっぷりがいいと感じるくらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る