• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬丸裕英が「逆流性食道炎」 専門医が指摘する意外な原因

 元シブがき隊の薬丸裕英(48)が4日、自身のブログで「内視鏡検査の結果 『逆流性食道炎』でした ガーン!」と報告した。

 逆流性食道炎は、現在は胃食道逆流症と呼ばれていて、胃の酸が食道にまで逆流することで、食道粘膜を傷つけたり胸やけを引き起こす病気だ。自覚症状が強ければ、胃食道逆流症として治療が行われる。治療は、制酸剤(胃酸の分泌を抑える)などの服用。それで効果がなければ、手術が検討される。

「しかし、薬物治療がなかなか効かない人の中には、意外な原因が潜んでいることがある」と話すのは、松生クリニックの松生恒夫院長(消化器専門医)だ。

「それは便秘です。私の便秘外来には、胃もたれや吐き気、胸焼けといった胃食道逆流症の症状と共に便秘を訴える患者さんが多い。そういう場合、便秘の治療を行うと、胃食道逆流症の症状が消えて、制酸剤が必要なくなることが珍しくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る