岡江久美子「はなまる」打ち切りは“熟年離婚”の引き金?

公開日:  更新日:

 12日、大和田獏(63)&岡江久美子(57)夫妻が「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2013」に選ばれ、記者発表会に出席した。

 今年1月で結婚30周年を迎えた2人。夫婦円満の秘訣について岡江は「見ているところは一緒だけど、付かず離れずのいい距離感で接すること」と話した。
「いい距離感」が保てているのは岡江が96年から17年間も月曜から金曜まで「はなまるマーケット」(TBS)の司会を務めているから。しかし、来年3月には番組が打ち切りに。

 大和田は「結婚生活の半分以上『はなまる』があった。母親として妻として女優としてまっとうできたことは本当によかった。頑張ったなと思う」とねぎらい、岡江は「(夫は)いつも協力してくれた。18年前の朝、何していただろうなって。来年の4月から新しい2人の生活が楽しみです」と笑った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る