新レギュラー獲得はセルフ営業で 薬丸裕英「驚異の営業力」

公開日: 更新日:

 司会を務めた朝の情報バラエティー「はなまるマーケット」(TBS系)が終わったと思ったら、同じ朝の新番組「なないろ日和!」(テレビ東京系)で司会を始めた薬丸裕英。「笑っていいとも!」の後継番組「バイキング」の木曜レギュラーなど、タレント自らが営業して得た仕事なのだという。

●前向き

 昨秋に「はなまる」終了が決まった際、「ぼくは50歳までやりたかった」と肩を落としたそうだ。元アイドルの妻石川秀美と3男2女の養育費に世田谷の「5億円豪邸」のローン、病気の姉の医療費などを抱えている。そのため、年間1億円ともいわれるTBSからのギャラがなくなるのは大きい。

 ここで薬丸はすぐに動いた。女性誌によれば、TV局のスタッフを食事に誘い、出演交渉。ギャラの提示から番組内容のプレゼンまで行ったという。定期収入の見込めるレギュラーにこだわったそうだ。堅実である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る