菊地亜美 「業界の賄い女」呼ばわりにブチ切れも内心は…?

公開日:  更新日:

 9日、「幕張・大宮発! 次世代芸人発表記者会見」が開かれ、多くの芸人たちに交じって「アイドリング!!!」の菊地亜美(24)が出席した。

「お笑い芸人好き」を公言している菊地だが、この日は芸人たちの“餌食”に。

「平成ノブシコブシ」の吉村崇(34)は、先日「乃木坂46」主力メンバー・松村沙友理(22)が集英社「ヤングジャンプ」編集部の30代編集者との不倫スキャンダルを報じられたことを引き合いに、「こんな女、簡単に抱ける。月収30万円あったら抱けますよ」と発言。

 菊地は「私、高いですよ。いや案外、堅いんです」と反論するも、「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(33)から「業界の“まかない”みたいな女」と言われ、援護射撃で勢いに乗った吉村は「『みんなの菊地』。全部言うぞ!」と“恫喝”。「村本さんは優しいですけど、この人(吉村)だけは最低」と敵意むき出しだったが、数多くのバラエティーに出演している菊地。

 イジられて「オイシイ」自分に笑いが止まらない!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る