• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉瀬美智子が「昼顔」で躍進…潜在視聴率&ギャラ最新ランク

「潜在視聴率」という言葉を聞いたことがあるだろう。あるタレントが出演することによって、番組の演出と関係なく当初から見込まれる視聴率のことで、テレビ局や広告代理店がリサーチ会社に依頼して作らせたのが始まりと言われている。

 日刊ゲンダイはその最新版(2014年10月版、1時間ドラマ1話あたりの推定ギャラ付き)を入手した。

 これを見てまず驚くのは朝ドラ女優の大躍進だ。トップの吉高由里子(26)から3位の仲間由紀恵(34)、さらに、9位の小泉今日子(48)も朝ドラがらみ。吉高は2013年下期の14位(10.0%)から、仲間は圏外からのランクインである。「あまちゃん」の大ヒット以来、朝ドラの視聴率は上昇一途だが、改めてその威力を見せつけた形だ。

■能年玲奈は露出不足で急失速…

 ちなみに「あまちゃん」で主役だった能年玲奈(21)は前回調査(2013年下期)では8位(11.4%)だったが、今回は10位以下。その後の露出の低さが響いたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る