日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉瀬美智子が「昼顔」で躍進…潜在視聴率&ギャラ最新ランク

「潜在視聴率」という言葉を聞いたことがあるだろう。あるタレントが出演することによって、番組の演出と関係なく当初から見込まれる視聴率のことで、テレビ局や広告代理店がリサーチ会社に依頼して作らせたのが始まりと言われている。

 日刊ゲンダイはその最新版(2014年10月版、1時間ドラマ1話あたりの推定ギャラ付き)を入手した。

 これを見てまず驚くのは朝ドラ女優の大躍進だ。トップの吉高由里子(26)から3位の仲間由紀恵(34)、さらに、9位の小泉今日子(48)も朝ドラがらみ。吉高は2013年下期の14位(10.0%)から、仲間は圏外からのランクインである。「あまちゃん」の大ヒット以来、朝ドラの視聴率は上昇一途だが、改めてその威力を見せつけた形だ。

■能年玲奈は露出不足で急失速…

 ちなみに「あまちゃん」で主役だった能年玲奈(21)は前回調査(2013年下期)では8位(11.4%)だったが、今回は10位以下。その後の露出の低さが響いたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事