紅白司会は吉高由里子 “本命”仲間由紀恵が「ノー」のワケ

公開日:  更新日:

 大晦日のNHK紅白の紅組司会者に、吉高由里子(26)が抜擢された。朝ドラ「花子とアン」のヒロインとして、「過去10年間で、シリーズ最高視聴率を叩き出した貢献度が決め手になった」(関係者)というが、吉高に一本化されるまでには舞台裏でスッタモンダがあったようだ。

 当初の下馬評では「花子とアン」の共演者である仲間由紀恵(34)が有力視されていた。その根拠となったのが夏の紅白といわれる「思い出のメロディー」(8月9日放送)。綾小路きみまろ(63)と共に司会に選ばれたのが仲間だったからだ。

「『思い出』の司会者は原則として14年度のNHK番組に貢献していることが選考条件で、仲間は『花子とアン』の高視聴率が選抜理由だった。この番組は紅白の予行演習といわれ、特に女性司会者はそのまま抜擢されることが多い。昨年の杏もそうでした」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る