紅白司会は吉高由里子 “本命”仲間由紀恵が「ノー」のワケ

公開日: 更新日:

 大晦日のNHK紅白の紅組司会者に、吉高由里子(26)が抜擢された。朝ドラ「花子とアン」のヒロインとして、「過去10年間で、シリーズ最高視聴率を叩き出した貢献度が決め手になった」(関係者)というが、吉高に一本化されるまでには舞台裏でスッタモンダがあったようだ。

 当初の下馬評では「花子とアン」の共演者である仲間由紀恵(34)が有力視されていた。その根拠となったのが夏の紅白といわれる「思い出のメロディー」(8月9日放送)。綾小路きみまろ(63)と共に司会に選ばれたのが仲間だったからだ。

「『思い出』の司会者は原則として14年度のNHK番組に貢献していることが選考条件で、仲間は『花子とアン』の高視聴率が選抜理由だった。この番組は紅白の予行演習といわれ、特に女性司会者はそのまま抜擢されることが多い。昨年の杏もそうでした」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る