紅白司会は吉高由里子 “本命”仲間由紀恵が「ノー」のワケ

公開日: 更新日:

 大晦日のNHK紅白の紅組司会者に、吉高由里子(26)が抜擢された。朝ドラ「花子とアン」のヒロインとして、「過去10年間で、シリーズ最高視聴率を叩き出した貢献度が決め手になった」(関係者)というが、吉高に一本化されるまでには舞台裏でスッタモンダがあったようだ。

 当初の下馬評では「花子とアン」の共演者である仲間由紀恵(34)が有力視されていた。その根拠となったのが夏の紅白といわれる「思い出のメロディー」(8月9日放送)。綾小路きみまろ(63)と共に司会に選ばれたのが仲間だったからだ。

「『思い出』の司会者は原則として14年度のNHK番組に貢献していることが選考条件で、仲間は『花子とアン』の高視聴率が選抜理由だった。この番組は紅白の予行演習といわれ、特に女性司会者はそのまま抜擢されることが多い。昨年の杏もそうでした」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る