紅白司会は吉高由里子 “本命”仲間由紀恵が「ノー」のワケ

公開日:  更新日:

 大晦日のNHK紅白の紅組司会者に、吉高由里子(26)が抜擢された。朝ドラ「花子とアン」のヒロインとして、「過去10年間で、シリーズ最高視聴率を叩き出した貢献度が決め手になった」(関係者)というが、吉高に一本化されるまでには舞台裏でスッタモンダがあったようだ。

 当初の下馬評では「花子とアン」の共演者である仲間由紀恵(34)が有力視されていた。その根拠となったのが夏の紅白といわれる「思い出のメロディー」(8月9日放送)。綾小路きみまろ(63)と共に司会に選ばれたのが仲間だったからだ。

「『思い出』の司会者は原則として14年度のNHK番組に貢献していることが選考条件で、仲間は『花子とアン』の高視聴率が選抜理由だった。この番組は紅白の予行演習といわれ、特に女性司会者はそのまま抜擢されることが多い。昨年の杏もそうでした」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る