日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女王に陰り? 松任谷由実の“歌声の変化”にファンのため息

「年々、歌声は衰えているが、まさかここまでとは……」(観劇した音楽関係者)

 驚きとともに失望が漏れ聞こえてきたのが、8日から東京・帝国劇場で上演中の音楽劇「Yuming sings… あなたがいたから私がいた」。

 シンガー・ソングライターの松任谷由実(60)が自身の楽曲と演劇を融合させた舞台である。12年に第1弾が上演され、今回は第2弾。だが、2年前に比べ楽曲のレベルはかなり落ちてしまったようだ。

「体形など見た目はぜんぜん変わりませんが、歌声ばかりはどうにもならない。劇中では『ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ』『守ってあげたい』、カーテンコールでは『春よ、来い』など10曲以上を披露したが、全体的に曲のキーを下げ、徐々にキーを上げる部分では声を精いっぱい張っても出ないのが痛々しいほど。往年の歌声を期待してきたファンはがっかりするのでは」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事