• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝しても「やっと食える程度」…ネタコンテスト番組の限界

 コントのグランプリ特番「キングオブコント2014」はゴールデンの3時間枠で体育の日のTBSの目玉だったが、優勝がシソンヌ、2位がチョコレートプラネット、他にバンビーノ、ラブレターズ……と中高年は「誰なんだ?」と言いたくなる知らない芸人ばかりだった。

 それもそのはずで、なんと最年少の3人組リンゴスター(テレビ初出演)は平均年齢24.3歳。ひとりは平成生まれの若さ! 正確な年齢制限はないが、番組は若手主体に切り替えたのがミエミエだった。

 芸人を多く抱える芸能プロのマネジャーいわく「芸人のコンテスト番組はどこもオーバー35歳が決勝に残されなくなる」と言っている。

 当番組は「コント日本一決定戦」といいつつも、そこそこテレビに出ている実力派の中堅より無名の若手を並べたほうがこの先テレビで活躍しそうだとみている。その傾向は12月オンエアの「THE MANZAI」(フジテレビ)にも当てはまるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る