日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝しても「やっと食える程度」…ネタコンテスト番組の限界

 コントのグランプリ特番「キングオブコント2014」はゴールデンの3時間枠で体育の日のTBSの目玉だったが、優勝がシソンヌ、2位がチョコレートプラネット、他にバンビーノ、ラブレターズ……と中高年は「誰なんだ?」と言いたくなる知らない芸人ばかりだった。

 それもそのはずで、なんと最年少の3人組リンゴスター(テレビ初出演)は平均年齢24.3歳。ひとりは平成生まれの若さ! 正確な年齢制限はないが、番組は若手主体に切り替えたのがミエミエだった。

 芸人を多く抱える芸能プロのマネジャーいわく「芸人のコンテスト番組はどこもオーバー35歳が決勝に残されなくなる」と言っている。

 当番組は「コント日本一決定戦」といいつつも、そこそこテレビに出ている実力派の中堅より無名の若手を並べたほうがこの先テレビで活躍しそうだとみている。その傾向は12月オンエアの「THE MANZAI」(フジテレビ)にも当てはまるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事