日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉高由里子に“朝ドラ効果” 潜在視聴率トップ、ギャラ急上昇

 NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」が惜しまれながら今月27日で幕を閉じる。

 週間平均視聴率が23週連続で21%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を超える人気作品だけに、NHKには再放送を求める声が殺到、対応に大わらわだという。

「あまりの反響の多さにNHKは関連番組の制作や映画化なども視野に入れ始めたそうです。『あまちゃん』や『ごちそうさん』の時も映画化の話が浮かんでは消えただけに、今度こそはと、局内も興味津々です」(制作スタッフ)

 うれしい悲鳴を上げるNHKを尻目に、相変わらずマイペースなのが主役を演じた吉高由里子(26)だ。現在は朝ドラの収録開始以来、まとまった休みを取っていなかったため、遅めの夏休みを消化中。

 打ち上げの席では年内休業を宣言していたが、民放キー局がこの人気者を放っておくわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事