松村沙友理はブログで謝罪…編集者の評判は“アイドル喰い”

公開日:  更新日:

 27日深夜、“不倫疑惑報道”後初めて自身のブログを更新した、乃木坂46の松村沙友理(22)。

<今日からブログを再開したいと思います。たくさんご心配お掛けしてすみません>と謝罪し、<今やるべきことも、何をしたらいいのかも正直毎日悩んでいます>と心境を明かした。

<皆さんを失望させてしまったことを考えると毎日苦しくて苦しくて仕方ありません。本当にごめんなさい>と懸命に謝罪する松村に対し、不倫相手とされる大手出版社「集英社」のヤングジャンプ編集部に勤務していた30代編集者S氏は、“路チュー”発覚からすでに3週間経つ現在も音沙汰なし。周囲の評判を聞いてみると、やっぱりというか……。

「Sはアニメオタクでアイドルオタク。小柄で、お世辞にもイケメンとはいえない。集英社という看板がなければニート風だし、絶対にモテそうにないんですが、女に対して貪欲で、妻子がいてもお構いなしに合コンを繰り返していた。仕事でつながった業界人との飲み会も多く、アイドルの卵やフリーアナウンサーといった美女のお持ち帰りに成功したことも。今回の記事が出る直前には、遊び仲間に『ちょっとヤバいことになったから、今までのオレの行動については黙っておいてくれ』と箝口令を敷いていたそうです。遊びに精力的な一方、仕事の評価はイマイチ。妻にも愛想を尽かされて離婚するのではと言われています」(出版社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る