東宝カレンダー表紙“最多タイ” 長澤まさみが超える大女優

公開日: 更新日:

 美脚ばかりが取りざたされるが、そうはいっても「顔」である。2015年の「東宝カレンダー」で11年連続、表紙を飾る長澤まさみ(27=写真右)。東宝カレンダーは1952年の発売以来、60年以上の古い歴史をもつ。系列会社の「東宝芸能」所属の女優をはじめ、毎年、同社配給の作品で活躍した面々が起用されるのだが、表紙はごく限られた人物のみ。長い歴史の中でも3回以上の連続起用はたった5人――山口百恵(5年連続、以下同)、水野真紀(6年)、古手川祐子(7年)、そして沢口靖子(11年)だけなのだ。

「表紙だけでなく、1月に沢口靖子、12月は斉藤由貴といった重鎮を起用していることからも分かるように、カレンダーの配列は女優の格付けそのもの。カレンダーの順番が女優の確執を生んだという話は珍しくない。4、5年前から“長澤の表紙は今回で打ち止め”という話が聞こえてきましたが、さすがにここまでくると沢口超えの記録更新はあり得る。たかがカレンダー、されどカレンダーなのです」(芸能評論家の肥留間正明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る