ベールに包まれた高倉健さんの私生活 定宿で毎日散髪の理由

公開日:  更新日:

 日本映画の黄金期を支えた役者で、最後の大スターと言っていいでしょう。私生活も含めスターとしての自覚があった人で、スキャンダルを切り売りするような今の俳優たちとは一線を画しました。

 俳優を体現したエピソードのひとつには、いつでもアップの写真にたえられるよう、毎日散髪していたというものがあります。健さんは以前、ホテルパシフィック東京(現シナガワグース)と呼ばれたホテルを定宿にしていて、そこの老舗の散髪店に毎日通っていました。映画関係者が健さんと連絡を取りたい場合、取りあえずその散髪店に電話したというほどでした。

 映画では、最後の出演作となった「あなたへ」(12年)の鬼気迫る演技が思い出されます。ビートたけし、佐藤浩市、田中裕子といった健さんお気に入りの役者を並べ、ある意味、遺言のような映画でした。ただ、どんなにすごい役者を並べても、やっぱり最後は健さん映画になってしまうのです。

(談/前田有一・映画評論家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る