“芸能界版ロッキード”に巻き込まれた歌手・大原未登里は今

公開日: 更新日:

 70年代初め、五木ひろし、八代亜紀、中条きよしなどを世に送り出した「全日本歌謡選手権」(日本テレビ系)。同番組出身でもう一人、忘れられない歌手がいる。76年、“芸能界版ロッキード事件”と呼ばれる一大スキャンダルに巻き込まれた46代チャンピオンの大原未登里(旧名・みどり)さんだ。あれから38年、今どうしているのだろう。

「去年の夏、とてもうれしいことがありました。ワタシの『浅草恋明かり』という曲が、カラオケでも歌えるようになったんです。25年前の歌がカラオケ曲としてよみがえる。ホント、夢のようでした」

 JR目黒駅近くの喫茶店で会った大原さん、まずこう言ってほほ笑んだ。穏やかな話しぶりが聞き心地良い。

「実現したのは、ファンの皆さんのおかげです。この曲、下町を中心とした年配の方たちに親しまれてましてね。その方々からカセットテープよりカラオケで歌いたいって声が、以前から届いてました。でも、ワタシには自分の曲をカラオケ化するような力がない。そんなワタシに代わり、皆さんが動いてくださったんです。歌本を検索して、タイトルが画面に出た時は、感激でいっぱいでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る