“芸能界版ロッキード”に巻き込まれた歌手・大原未登里は今

公開日:  更新日:

 70年代初め、五木ひろし、八代亜紀、中条きよしなどを世に送り出した「全日本歌謡選手権」(日本テレビ系)。同番組出身でもう一人、忘れられない歌手がいる。76年、“芸能界版ロッキード事件”と呼ばれる一大スキャンダルに巻き込まれた46代チャンピオンの大原未登里(旧名・みどり)さんだ。あれから38年、今どうしているのだろう。

「去年の夏、とてもうれしいことがありました。ワタシの『浅草恋明かり』という曲が、カラオケでも歌えるようになったんです。25年前の歌がカラオケ曲としてよみがえる。ホント、夢のようでした」

 JR目黒駅近くの喫茶店で会った大原さん、まずこう言ってほほ笑んだ。穏やかな話しぶりが聞き心地良い。

「実現したのは、ファンの皆さんのおかげです。この曲、下町を中心とした年配の方たちに親しまれてましてね。その方々からカセットテープよりカラオケで歌いたいって声が、以前から届いてました。でも、ワタシには自分の曲をカラオケ化するような力がない。そんなワタシに代わり、皆さんが動いてくださったんです。歌本を検索して、タイトルが画面に出た時は、感激でいっぱいでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る