夏目三久を“出戻り”させ…日テレ「女子アナに清廉性」の笑止

公開日:  更新日:

銀座ホステス歴で内定取り消しの波紋

 日本テレビのアナウンサー職に内定しながら、ホステスのバイト歴を理由に内定取り消し……。2011年にミス東洋英和にも輝いた笹崎里菜さん(22)が入社を求めて日テレを相手に起こした裁判が、前代未聞の大騒動になっている。

 日テレの主張としては、ホステスのバイト歴は「アナウンサーに求められる清廉性にふさわしくない」という理由だが、この騒動をあざ笑うのがフジテレビだ。

 フジは14日の「とくダネ!」でこの問題を特集。MCの小倉智昭が「学生時代にこれだけカワイイってことは、アナウンサーになったらもっと光りますよ」と太鼓判を押し、自身が所属し、取締役も務める「オーケープロダクションに来ませんか? お待ちしています」と呼びかけたほど。

 また、16日の「Mr.サンデー」では笹崎さんと同じくホステスのバイトをしながら女子アナを目指す女子大生を取り上げるなど特集。MCの宮根誠司はアナウンサーと清廉性について、「自分は清廉性から一番遠いところにいる人間。フリーになるべくしてなった」と自虐的に語っていたが、学生時代のホステス歴など、今どき、フジをはじめ他局なら問題にならないレベルの話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る