夏目三久を“出戻り”させ…日テレ「女子アナに清廉性」の笑止

公開日:  更新日:

銀座ホステス歴で内定取り消しの波紋

 日本テレビのアナウンサー職に内定しながら、ホステスのバイト歴を理由に内定取り消し……。2011年にミス東洋英和にも輝いた笹崎里菜さん(22)が入社を求めて日テレを相手に起こした裁判が、前代未聞の大騒動になっている。

 日テレの主張としては、ホステスのバイト歴は「アナウンサーに求められる清廉性にふさわしくない」という理由だが、この騒動をあざ笑うのがフジテレビだ。

 フジは14日の「とくダネ!」でこの問題を特集。MCの小倉智昭が「学生時代にこれだけカワイイってことは、アナウンサーになったらもっと光りますよ」と太鼓判を押し、自身が所属し、取締役も務める「オーケープロダクションに来ませんか? お待ちしています」と呼びかけたほど。

 また、16日の「Mr.サンデー」では笹崎さんと同じくホステスのバイトをしながら女子アナを目指す女子大生を取り上げるなど特集。MCの宮根誠司はアナウンサーと清廉性について、「自分は清廉性から一番遠いところにいる人間。フリーになるべくしてなった」と自虐的に語っていたが、学生時代のホステス歴など、今どき、フジをはじめ他局なら問題にならないレベルの話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る