新朝ドラ「マッサン」 泉ピン子に「朝からキツイ」と散々な声

公開日:  更新日:

 過去10年でナンバーワンの期間平均視聴率22.6%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)をマークしたNHK朝ドラ「花子とアン」。その後を受け、29日から「マッサン」がスタートした。

 朝ドラは「あまちゃん」以降、「ごちそうさん」、そして「花子――」とヒット続き。新シリーズもいやが上に期待がかかるが、実はちょっぴり寂しい出だしとなった。朝ドラ放送直後の「あさイチ」では、MCの有働アナとイノッチが毎朝のように冒頭で朝ドラの感想を話す。このトークは「朝ドラ受け」といわれ、朝ドラ人気の要因のひとつとされているのだが、この日は御嶽山噴火のニュースで“援護射撃”はなし。ツキに恵まれないスタートになった。

 ドラマ自体は超安定志向だ。ニッカウヰスキー創設者の竹鶴政孝・リタ夫妻をモデルにした物語である。中島みゆきの主題歌は壮大なメロディーで聞かせる。開発者の感動秘話にスポットをあてた同局の人気番組「プロジェクトX」で聞き慣れたあの歌声ふたたび。ウイスキーづくりに奔走した夫婦にはもってこいの応援歌だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る