• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

莫大な経済効果 朝ドラ「マッサン」1話あたりの制作費は?

 放送開始から5週連チャンで平均視聴率20%超えをマークするNHK朝ドラ「マッサン」。泉ピン子(67)や堤真一(50)ら脇役の演技が人気を牽引しているなんて声もあるが、最大の功績はシャーロット・ケイト・フォックス(29)の魅力に尽きるだろう。

 50年以上続く朝ドラ史上初の外国人ヒロイン、エリー役を演じる彼女の存在はデカい。5日に日本外国特派員協会で行われた会見で、制作統括の櫻井賢氏から「彼女を起用できたことは、宝くじで1等当せんしたようなもの」と絶賛されていた。

 外国人記者の間でもマッサン人気は絶大。興味シンシンといった様子で「予算はいくらか」と制作費に関するクエスチョンも飛び出した。櫻井氏は具体的な額について明言を避けたが、NHKが公表する「収支予算と事業計画の説明資料」(平成26年度)によると、大河ドラマやBS時代劇、朝ドラの制作費の目安は1話あたり990万円~5830万円。大河や時代劇に比べ、1話=15分番組と放送時間の短い朝ドラの1回分が990万円と考えるのが妥当だろう。それでも、1作品(計150回)で総額14億円超のビッグプロジェクトである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る