莫大な経済効果 朝ドラ「マッサン」1話あたりの制作費は?

公開日:  更新日:

 放送開始から5週連チャンで平均視聴率20%超えをマークするNHK朝ドラ「マッサン」。泉ピン子(67)や堤真一(50)ら脇役の演技が人気を牽引しているなんて声もあるが、最大の功績はシャーロット・ケイト・フォックス(29)の魅力に尽きるだろう。

 50年以上続く朝ドラ史上初の外国人ヒロイン、エリー役を演じる彼女の存在はデカい。5日に日本外国特派員協会で行われた会見で、制作統括の櫻井賢氏から「彼女を起用できたことは、宝くじで1等当せんしたようなもの」と絶賛されていた。

 外国人記者の間でもマッサン人気は絶大。興味シンシンといった様子で「予算はいくらか」と制作費に関するクエスチョンも飛び出した。櫻井氏は具体的な額について明言を避けたが、NHKが公表する「収支予算と事業計画の説明資料」(平成26年度)によると、大河ドラマやBS時代劇、朝ドラの制作費の目安は1話あたり990万円~5830万円。大河や時代劇に比べ、1話=15分番組と放送時間の短い朝ドラの1回分が990万円と考えるのが妥当だろう。それでも、1作品(計150回)で総額14億円超のビッグプロジェクトである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る