オワコンなのか…みのもんたのサイン会に“仕込み行列”疑惑

公開日:  更新日:

「敗者になったつもりはないけど、すべての国会議員に読んでほしい」

 衆院選を前に、こう息巻いたのはみのもんた(70)。10日、著書「敗者の報道」刊行記念公開記者会見に登場すると、のっけからヒートアップ。安倍政権が民放各社に「公正中立な報道」を求めたことに関して、「今の報道番組は品が良すぎてつまらない。いくら『こんなこと言うな』『偏るな』と言われても、僕は偏っていいと思ってます」と持論を展開。「もっとハラハラするような番組をやりたい」と意気込みを語った。

 しかし、現実は厳しいようで、「オファーはどこからも来ていない。本当は来ると思っていたんですけどね。『報道ステーション』をやるって(一部報道で)出ていましたけど、来ていませんから」とコメント。

 昨年9月に次男が起こした窃盗未遂事件を受けて同10月に「朝ズバッ!」(TBS系)などを降板して以降、報道番組からは遠ざかっているが、みのの想像以上にダメージは大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る