みのもんた「復活は近い」の声…フジが昼番組に起用の噂も

公開日: 更新日:

 みのもんた(70)の復活が近づいてきた――。こんな声が大きくなっている。現在、テレビのレギュラーは「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)だけだが、フジテレビは「笑っていいとも!」の後枠として放送中の「バイキング」が低迷しており、テコ入れのリニューアルでみのを起用する動きがあるという。

 先月下旬、みのの「古希の祝い」が大々的に開かれ、「チャンスがあれば、日本を動かす番組をやってみたい」と意欲満々。強気なのは後押しする人もいるからだともっぱらである。発起人には芸能界の重鎮が名を連ねていて、太鼓判を押してもらったも同然だった。さらに、フジの上層部が会場に姿を見せていたことも、みの起用の裏付けとなっている。

「バイキング」が、みの起用に動く理由もある。

「フジの昼はこれまで若い世代を狙って番組づくりをしてきました。今後はターゲットを中高年に変える方向です。フジはタモリの『ヨルタモリ』が成功し、年配向けには同世代のタレントがいいと考えるようにもなっている。みのの外堀を埋めて、引きずり込もうとしているのは間違いないでしょう」(キー局編成マン)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める