日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綾瀬はるかの大健闘で 日テレが日曜深夜にドラマ枠新設か

 今クールの連ドラは米倉涼子主演の「ドクターX」(テレビ朝日系)が圧勝したが、大健闘だったのは綾瀬はるか「今日は会社休みます。」(日本テレビ系)。これに気をよくしたのか、日テレで来春からドラマ枠をもう1本増やす方向で検討しているそうで、ライバル局が戦々恐々とか。具体的には「ウーマン・オン・ザ・プラネット」など週末の番組を整理して日曜23時台の1時間ドラマを新設するのだという。

「年間視聴率の3冠王はほぼ決まりで、今の日テレには余裕がある。好調なドラマの一極集中で、そのほかはボロボロになっているから、ドラマには二の足を踏む局が多いのに、強気、攻めに転じている。綾瀬のOLものがヒットしたことも、若者向けに深夜で放送というコンセプトを通しやすい部分もある」(事情通)

 春からは新たなドラマバトル勃発?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事