日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浮いた話を聞かないが…綾瀬はるかに囁かれる“都市伝説”

オフは実家で農作業

 人気女優の綾瀬はるか(29)は「恋が苦手」な顔相らしい。先日開かれた主演映画のイベントで「好きな人の前ではなかなか素直になれない」などと鑑定されていた。

 本人も「当たってるかも」と苦笑いを浮かべていたが、そんな綾瀬も、もうアラサー。これまで熱愛報道がなかったわけじゃない。

 ドラマ「JIN」で共演した大沢たかお(46)と、「自宅へ超厳戒通い愛」と報じられた過去もある。

「4年前に発覚した当時は、話題づくりという見方もあった。大沢とは自然消滅したともいわれますが、いずれにせよ、綾瀬の浮いた噂はほとんど聞きません。NHK大河ドラマ『八重の桜』はコケましたが、綾瀬は老若男女にウケがよく、好感度はバツグンです。綾瀬のCMのギャラは、1本4000万円以上と、吉永小百合に次ぐトップクラス。大事な商品に傷がつかないよう、がっちりガードされています」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事