下ネタ番宣も楽々と…日テレは綾瀬はるかに頭が上がらない

公開日: 更新日:

 沢尻エリカ主演「ファーストクラス」(フジテレビ系)との「水曜10時対決」が話題になった綾瀬はるか主演の「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)――。しかし、蓋を開けてみれば、第2話の視聴率で、沢尻の8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に対し綾瀬は17.0%とダブルスコアで圧勝。その勝因としてあげられるのが、綾瀬の天然キャラを前面に押し出した大PR作戦だった。

 綾瀬の愛らしい天然キャラは、制作発表会見の時点から炸裂。共演の玉木宏は「休みの日には何しているんですかって聞かれたので答えていたら、いつのまにか寝ている」と素顔を暴露するなど、和気あいあいとした現場の雰囲気が伝わってきた。

 さらに、放送直前のバラエティー番組への番宣出演では天然トークが過激化。ホリプロの“お嬢”らしからぬ下ネタの応酬となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る