日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おちおち成仏もできない…高倉健さんに“深刻遺産トラブル”

 四十九日もとうに過ぎたのに、健さんの周りが騒がしくなってきた。昨年11月に悪性リンパ腫で亡くなった高倉健さん(享年83)に遺産を巡るトラブルが勃発だ。

 先週発売の「週刊文春」が元女優の養女Tさん(50)の存在を報じ、「昨年5月に正式に養子縁組された」「健さんはTさんの涙を拭ってひとこと『ありがとう』と言った」などの秘話が明かされた。すると、この報道に「女性セブン」が“反論”。「健さんの死から1カ月後、Tの弁護士から高倉プロモーションに“今後、高倉健に関する一切の業務は相続人のTが担当する”というメールが送られてきた」というのだ。

 さらに「Tは事務所にあった金目のモノを持ち出し、仕事関連の資料を処分した」「Tは葬式が終わるまで健さんの妹と甥(妹の息子)に健さんの死を伝えず、遺体にも会えなかった」とも。健さんを陰日向に支えた事務所スタッフや親族と、養女との間に大きな亀裂が生じているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事