「ごめんね青春!」でブレーク 森川葵に専門筋から絶賛の声

公開日: 更新日:

「観客の誰が見ても、可愛いと納得できる器量に加え、性格の悪さも表現できる人でなくてはならなかった。森川さんは所属事務所のプロフィル写真を見てピンときた。一目ぼれです。しかも、5分以上の長回しを多用したくなる演技力を備えている。演じるというより役が宿るタイプの女優さんです」

 専門家筋の評判も上々だ。

「作品と役柄に対する理解力は抜群。あらゆる映画賞の主演女優賞候補も狙えるぐらい」(アイドル評論家の中森明夫氏)
「女性の内面を描いた作品だけに、同性の観客はよりシビアな見方をするが、森川さんはきちんと解釈して自分の役にしていた。単なる可愛らしさを売りにするのではなく、柴咲コウのような独自の路線を持つ女優になるのでは」(ライターの倉本さおり氏)

 今月17日にも主演作「チョコリエッタ」が公開予定。来年の今ごろは、あらゆる賞レースを賑わせていそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  4. 4

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  5. 5

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  6. 6

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

  7. 7

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  8. 8

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  9. 9

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  10. 10

    玉川発言が番組目玉 煽る報道は昔からメディアの常套手段

もっと見る