「ごめんね青春!」でブレーク 森川葵に専門筋から絶賛の声

公開日: 更新日:

 商業映画とは一線を画す自主映画の世界。規模では太刀打ちできずとも、質では引けを取らない作品が増えている。そんな流れの中で2015年、注目の一本がこれ。「おんなのこきらい」(2月14日公開)だ。

 若手映像作家の登竜門「MOOSIC LAB」で14年度最多となる4部門を受賞。もともとコンペ作品だが、業界内での評判の高さが後押しする格好で今回、単独での劇場公開にこぎつけた。昨14日の試写会も満席で期待の高さがうかがえる。

 可愛い容姿が女の価値のすべてだと信じる過食症OLが主人公の物語。奇抜なタイトルもそうだが、お世辞にも万人受けするとは言い難いテーマにもかかわらず、なぜこんなに騒がれるのか。それは、主演の森川葵(19)の存在に他ならない。

 じわりじわりと注目されつつあったが、出世作はクドカン脚本の日曜劇場「ごめんね青春!」(TBS系)。カマトト女子を演じ、同世代女優の誰よりも存在感を発揮、顔と名前をアピールした。「おんなのこきらい」は昨年5月に撮影。“ごめんね”よりだいぶ前だが、起用理由について、加藤綾佳監督はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る