連ドラ脚本でクドカン超え 芸人バカリズムが開いた新境地

公開日: 更新日:

「なかなかやるじゃないか」――テレビ関係者の間で、ピン芸人・バカリズム(38)の評価がうなぎ上りだ。お笑いセンスの話ではない。脚本を書く力だ。

 バカリズムが脚本を担当する連ドラ「素敵な選TAXI」(フジテレビ系)の初回(14日放送)視聴率が10・7%で、その2日前に放送された宮藤官九郎(44)脚本の「ごめんね青春!」の10・1%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を超えたからだ。

 クドカンといえば「あまちゃん」の脚本を担当した超売れっ子。脚本については素人同然のバカリズムが“クドカン超え”を果たしたとすれば、テレビ界では事件だ。何がウケたのか。

 コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「期待通りでしたね。実はバカリズムは2年前、タモリの『世にも奇妙な物語』で1話だけ脚本を担当したことがあって、それがムチャクチャ面白かった。それを見ていただけに今回も楽しみにしてましたが、見事に応えてくれました。主役の竹野内豊が演じるタクシー運転手が“過去に戻る力”を持っている設定が奇想天外だし、同じ乗客に対してそれを何度も繰り返す。まるで出来のいいコントを“これでもか”と見せられているようで、冒頭を見た人は最後まで目が離せなかったはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る