連ドラ脚本でクドカン超え 芸人バカリズムが開いた新境地

公開日: 更新日:

「なかなかやるじゃないか」――テレビ関係者の間で、ピン芸人・バカリズム(38)の評価がうなぎ上りだ。お笑いセンスの話ではない。脚本を書く力だ。

 バカリズムが脚本を担当する連ドラ「素敵な選TAXI」(フジテレビ系)の初回(14日放送)視聴率が10・7%で、その2日前に放送された宮藤官九郎(44)脚本の「ごめんね青春!」の10・1%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を超えたからだ。

 クドカンといえば「あまちゃん」の脚本を担当した超売れっ子。脚本については素人同然のバカリズムが“クドカン超え”を果たしたとすれば、テレビ界では事件だ。何がウケたのか。

 コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「期待通りでしたね。実はバカリズムは2年前、タモリの『世にも奇妙な物語』で1話だけ脚本を担当したことがあって、それがムチャクチャ面白かった。それを見ていただけに今回も楽しみにしてましたが、見事に応えてくれました。主役の竹野内豊が演じるタクシー運転手が“過去に戻る力”を持っている設定が奇想天外だし、同じ乗客に対してそれを何度も繰り返す。まるで出来のいいコントを“これでもか”と見せられているようで、冒頭を見た人は最後まで目が離せなかったはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  7. 7

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  8. 8

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  9. 9

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る